AGA情報サイト - AGAとは

AGAとは

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症のことをさします。日本では約1,260万人もの、薄毛や抜け毛で悩んでいる人がいると言われていますが、20~30代に見られる若年性脱毛症と、40~50代に見られる壮年性脱毛症があります。遺伝や男性ホルモンの分泌が関わっていると言われ、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなるのが特徴で、一度症状があらわれるとどんどん進行していきます。

髪の毛にはヘアサイクル(毛周期)があり、髪の毛が太くたくさん伸びる成長期、細胞の活動が弱く成長がとまる退行期、髪の毛が抜けて新しい毛を作る準備をおこなう休止期の3つのサイクルを繰り返すのですが、AGAの脱毛部に見られるDHT(ジヒドロテストステロン)が、過剰な皮脂を分泌させ毛穴を塞いでしまい、ヘアサイクルの中の成長期の期間が十分とれず、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまい、十分に育っていない細く短い髪の毛が多くなるため、全体的に薄毛が目立つようになり、やがては髪の毛が失われていきます。AGAは高齢者に見られる壮年性脱毛症の方が多いですが、最近では若年性脱毛症が増えています。これは食生活や運動不足などの生活スタイルの変化や社会的なストレスなどが影響していると言われています。